コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石炭化作用 せきたんかさようcoalification

翻訳|coalification

岩石学辞典の解説

石炭化作用

植物性物質から石炭が形成される主導的な過程[Stevenson : 1911].ビチュメニゼーション(bitumenization), カーボニフィケーション(carbonification)[Standard : 1883, CNRS : 1963],インカーボニゼーション(incarbonization)[Seyler : 1931],インコーレーション(incoalation)[Güembel : 1883, Tomkeieff : 1954]などと同義.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典内の石炭化作用の言及

【石炭】より

…地層の堆積がさらに進むと,この植物遺体は地中深く埋没され,地圧や地熱の影響を受け,炭素分が増し,固くなっていく。この過程が石炭化であり,その間に働く〈石炭化作用(変成作用)〉は,高圧のもとでひじょうにゆっくり進む一種の熱分解(深い地中で酸素の供給がない状態であるから,乾留ともいえる)である。 石炭化は時間とともに進み,一般に生成年代が古いほど〈石炭化度〉が高くなる。…

※「石炭化作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石炭化作用の関連キーワードガス爆発ランク炭田草炭

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android