コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂蚤 すなのみ

大辞林 第三版の解説

すなのみ【砂蚤】

スナノミ科の昆虫。人間やイヌ・ネコ・ブタその他の獣の皮下に寄生。蛹さなぎから羽化したばかりには体長2ミリメートルほど、宿主の皮下に食い入って吸血すると腹部が膨れ上がって、10ミリメートルほどの豆粒のようになる。アフリカ・南アメリカの熱帯地域に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

砂蚤 (スナノミ)

学名:Tunga penetrans
動物。スナノミ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

砂蚤の関連キーワードアフリカ寄生豆粒吸血宿主皮下

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android