コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐余の池 イワレノイケ

デジタル大辞泉の解説

いわれ‐の‐いけ〔いはれ‐〕【磐余の池】

桜井市阿部から橿原(かしはら)市池尻町付近にあった池。埴安(はにやす)の池。[歌枕]
「ももづたふ―に鳴く鴨を今日のみ見てや雲隠りなむ」〈・四一六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いわれのいけ【磐余の池】

奈良県桜井市阿部付近にあったと推定される池。大津皇子の辞世歌に歌われた。⦅歌枕⦆ 「ももづたふ-に鳴く鴨を今日のみ見てや雲隠りなむ/万葉集 416

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

磐余の池の関連キーワード大津皇子百伝ふ磐余

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android