桜井(読み)さくらい

精選版 日本国語大辞典の解説

さくらい さくらゐ【桜井】

[一] 奈良県中部の地名。奈良盆地の南東部にある。市場町、宿場町として発展。木材の集散地で製材所が多い。JR桜井線、近鉄大阪線が通じる。山田寺跡、談山神社などの史跡に富む。昭和三一年(一九五六)市制。
[二] 大阪府三島郡島本町の地名。昔は西国街道の宿駅で、楠正成(くすのきまさしげ)・正行(まさつら)父子の訣別(けつべつ)の地として知られる。
[三] 謡曲。四番目物。廃曲。楠正成は足利尊氏追討の宣旨を受けて兵庫に向かう途中、桜井の里で子の正行を諭して故郷に帰らせる。廃曲。

さくらい さくらゐ【桜井】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜井
さくらい

愛媛県北部,今治市南部の地区。旧町名。 1955年今治市に編入。古代伊予国の政治,文化の中心地として栄え,唐子山周辺などには多くの古墳のほか,国分寺跡,国分尼寺跡,条里制遺構が残る。漆器産地としても有名で,文化年間 (1804~18) に行商人が紀伊黒江,能登輪島から技術を導入した。燧灘に面する白砂青松桜井海岸,名勝志島ヶ原は海水浴場として有名。付近一帯は瀬戸内海国立公園に属する。

桜井
さくらい

富山県北東部,黒部市北西部の旧町域。 1940年三日市町,石田村,田家村,村椿村,大布施村,前沢村,荻生村,若栗村が合体して桜井町が成立。 1954年生地町と合体して黒部市となった。地名謡曲鉢木』で有名な三庄の一つ,桜井庄がこの地にあったと伝えられることによる。

桜井
さくらい

大阪府北東部,島本町南西部の地区。かつては西国街道沿いの交通の要地。史跡の桜井駅跡があり,延元1 (1336) 年南朝の武将楠木正成が,湊川出陣にあたり,その子正行をここより河内に帰した決別の地として有名。現在は小公園となり,が建っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さくらい【桜井】[地名]

奈良県中北部の市。市場町・宿場町として発展。木材の集散地。三輪(みわ)そうめんの産地。山田寺跡・談山神社など、史跡が多く、大神(おおみわ)神社もある。人口6.0万(2010)。
大阪府北東端、三島郡島本町にある地名。延元元年=建武3年(1336)、楠木正成(くすのきまさしげ)正行(まさつら)父子の決別の地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

桜井

鈴江俊郎による戯曲初演は劇団八時半および創造集団アノニム(1993年)。1994年、第38回岸田国士戯曲賞の候補作品となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の桜井の言及

【今治[市]】より

…古代以来,瀬戸内海航路の要地で,国分古墳はじめ古墳も多い。伊予国府は南郊の富田に,また国分寺が国分に置かれ,近世初期まで桜井地区が当地の中心であった。1600年(慶長5)領主となった藤堂高虎は桜井の国府城に入ったが,02年から砂州を埋め,三重の堀をうがって海水を引き,現在地に今張城を築いた(石垣と内堀のみ残す)。…

※「桜井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android