コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礁石灰岩 しょうせっかいがんreef limestone

岩石学辞典の解説

礁石灰岩

現生種の珊瑚のような,骨組を作る生物作用の活動によって累積した炭酸塩岩をいう.この語は以前には,生物破片が堆積して堆(たい)を作っている古い石灰岩のレンズ状の塊に対して用いられた(Hatch, et al. : 1974].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

礁石灰岩の関連キーワードステロフィティック石灰岩炭酸塩‐水同位体温度目盛サンゴ礁(珊瑚礁)フロリダキーズ諸島ストーン・タウンフレームワークザンジバルラム旧市街秩父地向斜穿孔動物鵝鑾鼻古気候帝釈峡地層地質

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android