骨組(読み)ホネグミ

デジタル大辞泉 「骨組」の意味・読み・例文・類語

ほね‐ぐみ【骨組(み)】

からだの骨の組み立て。骨格。「骨組みのがっしりしたからだ」
建造物機械などの基礎的な構造部分
物事根本となる仕組み。「論文骨組みを考える」
[類語](1骨格骨柄筋骨きんこつ筋骨すじぼね形骸/(2構造造り組み立て仕組み成り立ち構成編成組成組織機構機序機制体制体系結構コンストラクションシステムメカニズム/(3骨格骨子大枠あらまし大筋大要枠組みアウトラインフレーム大局大綱目安

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「骨組」の意味・読み・例文・類語

ほね‐ぐみ【骨組】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 身体の骨の構造。全身の骨格。
    1. [初出の実例]「Fonegumino(ホネグミノ) タクマシイ ヒト」(出典日葡辞書(1603‐04))
  3. 建造物や機械などの基本となる構造部分。
    1. [初出の実例]「赤く塗った鉄骨の、骨組(ホネグミ)が七層八層と重ね上げられてゐるのが」(出典:欧米印象記(1910)〈中村春雨〉加州雑記)
  4. 物事の全体を支える構造・仕組。
    1. [初出の実例]「今迄大きな問題を空に描いて、骨組(ホネグミ)丈は略(ほぼ)出来上ってゐる位に考へてゐた私は」(出典:こゝろ(1914)〈夏目漱石〉上)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「骨組」の意味・わかりやすい解説

骨組
ほねぐみ
frame
framework

線材の組合せによってつくられた構造要素で、建築構造上、主として荷重を支持し外力に抵抗する目的で用いられるもの。部材と部材の接合点が回転自由な場合をトラス骨組、剛に接合されたものをラーメンという。部材の組み合わせ方や地盤との接合の仕方いかんにより、設計荷重を安全に支持しうるような骨組を安定骨組というが、部材の配置を誤ると、骨組に力が加わるとき大変形を生じて骨組の形を保ちえない。これを不安定骨組といい、実際には採用されない。荷重の作用のもとで骨組を構成する各部材に働いている力(軸方向力、曲げモーメント、剪断(せんだん)力)を算定する際、骨組に作用する荷重(外力)と各部材の力(内力)とのつり合いを考えることによってすべての部材力を求めうる骨組を静定骨組(静定構造)といい、一方、力のつり合いの関係式のみでは不十分で、荷重による骨組の任意の点の移動量の関係式を追加して初めてすべての部材力を求めうるものを不静定骨組と称している。実際には静定、不静定の骨組は、いずれも多数存在する。骨組を形づくる材料は、鋼材のように一定の範囲内で荷重の大きさと荷重による部材の変形量とが正比例するものや、またはそれにきわめて近い力学的性質をもつものが多く、それらを弾性材料といい、力と変形とが正比例する範囲を弾性(線形)範囲といって構造設計上の一つの重要な限界と考えている。想定された荷重のもとで、すべての部材力が弾性範囲内に収まるように部材断面を設計することを弾性設計といい、それに対応した骨組の変形や振動の状況(応答)を調べる解析を弾性応答解析あるいは線形応答解析という。

[金多 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例