コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨組(み) ホネグミ

2件 の用語解説(骨組(み)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほね‐ぐみ【骨組(み)】

からだの骨の組み立て。骨格。「骨組みのがっしりしたからだ」
建造物・機械などの基礎的な構造の部分。
物事の根本となる仕組み。「論文の骨組みを考える」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

骨組
ほねぐみ
frameframework

線材の組合せによってつくられた構造要素で、建築構造上、主として荷重を支持し外力に抵抗する目的で用いられるもの。部材と部材の接合点が回転自由な場合をトラス骨組、剛に接合されたものをラーメンという。部材の組み合わせ方や地盤との接合の仕方いかんにより、設計荷重を安全に支持しうるような骨組を安定骨組というが、部材の配置を誤ると、骨組に力が加わるとき大変形を生じて骨組の形を保ちえない。これを不安定骨組といい、実際には採用されない。荷重の作用のもとで骨組を構成する各部材に働いている力(軸方向力、曲げモーメント、剪断(せんだん)力)を算定する際、骨組に作用する荷重(外力)と各部材の力(内力)とのつり合いを考えることによってすべての部材力を求めうる骨組を静定骨組(静定構造)といい、一方、力のつり合いの関係式のみでは不十分で、荷重による骨組の任意の点の移動量の関係式を追加して初めてすべての部材力を求めうるものを不静定骨組と称している。実際には静定、不静定の骨組は、いずれも多数存在する。骨組を形づくる材料は、鋼材のように一定の範囲内で荷重の大きさと荷重による部材の変形量とが正比例するものや、またはそれにきわめて近い力学的性質をもつものが多く、それらを弾性材料といい、力と変形とが正比例する範囲を弾性(線形)範囲といって構造設計上の一つの重要な限界と考えている。想定された荷重のもとで、すべての部材力が弾性範囲内に収まるように部材断面を設計することを弾性設計といい、それに対応した骨組の変形や振動の状況(応答)を調べる解析を弾性応答解析あるいは線形応答解析という。[金多 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

骨組(み)の関連キーワード骸骨構思骨幹骨相仕組む組成組立て仕組

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone