コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田結び カンダムスビ

デジタル大辞泉の解説

かんだ‐むすび【神田結び】

の結び方の一。左端の折り返しを、再び縦折りに結び、両端を下に向ける。江戸末期、船夫陸尺(ろくしゃく)などの間で行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんだむすび【神田結び】

男帯の結び方。左右とも縦折りにし、左端を折り返したのを再び縦折りに結び、両端を下に向けたもの。江戸末期、船夫・陸尺ろくしやくなどの間に行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神田結びの関連キーワード男帯

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android