神祇の少副(読み)じんぎのすないすけ

精選版 日本国語大辞典「神祇の少副」の解説

じんぎ【神祇】 の 少副(すないすけ・しょうふ)

令制で、神祇官次官。大副の下に位置する。定員一人。正六位上相当。〔令義解(718)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android