次官(読み)すけ

精選版 日本国語大辞典「次官」の解説

すけ【次官】

〘名〙
① 令制で、四等官の第二番目。長官(かみ)の下、判(じょう)の上位。長官を補佐し、代理もする。官司により「すけ」の文字が異なる。じかん。
書紀(720)大化元年八月(北野本訓)「其の長官(かみ)従者(ともならむひと)は九人。次官(スケ)に従者は七人」 〔二十巻本和名抄(934頃)〕
② 明治の新政府が明治元年一八六八)二月から同三年一一月にかけて設置した官職で、各役所の次長。官によって字が異なる。
[補注]各官司によって次の字をあてたり、官を相当させたりする。神祇官では太政官では大納言・中納言・参議がこれにあたる。以下、(省)、(坊・職)、(寮)、衛府)、大・少弐(大宰府)、(国)、少領(郡)など。官司によって大少の別があり、それぞれ相当位も異なる。

じ‐かん ‥クヮン【次官】

〘名〙 (古くは「しかん」とも)
① 官職で、長官に次ぐもの。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「加比丹(カビテイン)の次官なる人」
② 令制で、長官(かみ)・次官(すけ)・判官(じょう)・主典(さかん)の四等官のうちの第二位の官職。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
各省および国務大臣が長となる庁に置かれる大臣の補佐機関。省務・庁務を整理し各部局の事務を監督する。事務次官
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉下「高山某と云ふ或る省の次官は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「次官」の解説

すけ【次官】

律令制で、四等官しとうかんの第二位。職掌は長官かみと同じで、長官を補佐し、時にその代理をする。「輔」「介」など官司により用字が異なる。→四等官

じ‐かん〔‐クワン〕【次官】

官職で、長官に次ぐもの。
各省庁の長である国務大臣、並びに副大臣大臣政務官の下に位し、官僚の最高位。事務次官
[類語]長官政務官事務次官事務官技官参事官

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「次官」の解説

次官
すけ

律令制下,四等官の第2位の官職。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の次官の言及

【事務次官】より

…国の各省および国務大臣を長とする庁(経済企画庁,環境庁など)に1人ずつ置かれている職で,その機関の長である大臣を助け,省庁の事務について調整を行い,省庁内の各部局を監督することを職務とする。各省官制通則の制定(1893)以来,国家行政組織法の制定(1948)までは次官と呼ばれた。省庁内で大臣,政務次官に次ぐ職位といってよいが,政治的任命職である大臣,政務次官と異なり,政治的任免に対して身分を保障された一般職である。…

【四等官】より

…律令官制においては,各官司の主要な職員は,長官(かみ),次官(すけ),判官(じょう),主典(さかん)の4等級に分かれて職務を分掌した。これを四等官,四分(部)官という。…

※「次官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android