神衣媛(読み)かんみそひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神衣媛 かんみそひめ

古代伝承上の土豪
東国平定のため,陸奥(むつ)へ進軍した日本武尊(やまとたけるのみこと)によって八槻(やつき)(福島県棚倉町)の辺でほろぼされた8人の土豪のひとり。土蜘蛛(つちぐも)に擬せられる土豪たちは,尊のはなった8本の矢で射たおされた。神衣媛の子孫はゆるされて,その地にのこったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android