コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神衣媛 かんみそひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神衣媛 かんみそひめ

古代伝承上の土豪
東国平定のため,陸奥(むつ)へ進軍した日本武尊(やまとたけるのみこと)によって八槻(やつき)(福島県棚倉町)の辺でほろぼされた8人の土豪のひとり。土蜘蛛(つちぐも)に擬せられる土豪たちは,尊のはなった8本の矢で射たおされた。神衣媛の子孫はゆるされて,その地にのこったという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android