コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋津洲 あきつしま

世界大百科事典内の秋津洲の言及

【トンボ(蜻蛉)】より

…【朝比奈 正二郎】
【伝承と民俗】

[日本]
 古くは〈あきづ〉と呼ばれ,日本の国土を〈あきづしま〉という。神武紀に,天皇が〈国の状(かたち)を廻(めぐ)らし望〉んで〈蜻蛉(あきづ)の臀呫(となめ)の如くにあるかな〉といったので〈秋津洲(あきづしま)〉と呼ぶようになったとある。民間では,初秋に突如として群れをなして飛来するところから,祖霊が姿をかえてやってくるとみてこれをとらえることを忌み,とらえると〈盆と正月礼にこい〉と唱えて放つ風習があった。…

※「秋津洲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

秋津洲の関連キーワード上原 伸次郎広瀬 勝比古上村 彦之丞上村彦之丞山下源太郎国生み神話梨羽 時起上泉 徳弥瓜生 外吉井上 良智荒木田守武広瀬勝比古佐双左仲瓜生外吉坪井航三服部雄吉斎藤 実大八洲斎藤実柳幸典

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋津洲の関連情報