新拾遺和歌集(読み)しんしゅういわかしゅう

精選版 日本国語大辞典「新拾遺和歌集」の解説

しんしゅういわかしゅう シンシフヰワカシフ【新拾遺和歌集】

南北朝時代にできた、一九番目の勅撰和歌集。二〇巻で、歌数は一九二〇首。貞治二年(一三六三)、後光厳天皇により藤原為明が撰したが、途中で病死したため、頓阿が継承して貞治三年に完成。代表歌人は藤原為藤・為定家・為家など。新拾遺集

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android