新拾遺和歌集(読み)しんしゅういわかしゅう

精選版 日本国語大辞典「新拾遺和歌集」の解説

しんしゅういわかしゅう シンシフヰワカシフ【新拾遺和歌集】

南北朝時代にできた、一九番目の勅撰和歌集。二〇巻で、歌数は一九二〇首。貞治二年(一三六三)、後光厳天皇により藤原為明が撰したが、途中で病死したため、頓阿が継承して貞治三年に完成。代表歌人は藤原為藤・為定家・為家など。新拾遺集

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android