コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋茄子は嫁に食わすな アキナスハヨメニクワスナ

デジタル大辞泉の解説

秋茄子(あきなす)は嫁に食わすな

秋なすは特に味がよいので、憎い嫁に食わすなので、しゅうとめの嫁いびりをいったもの。一説には、からだが冷えるので大切な嫁に食わすなの意とも。また、種子が少ないので、子種が少なくなるから嫁に食わすなの意とも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あきなすはよめにくわすな【秋茄子は嫁に食わすな】

秋なすびは嫁に食べさせるな。 〔 (1) 姑の嫁いびりと結びつけるもの、 (2) 種子がないので、子供に恵まれなくなるからというもの、 (3) 食べると体が冷えてよくないというもの、など種々の解釈がなされている。 (1) の解釈が普通。同趣旨の諺ことわざに「秋鯖あきさば嫁に食わすな」がある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

秋茄子は嫁に食わすなの関連キーワード秋茄子秋鯖ナス