コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稜稜し ソバソバシ

デジタル大辞泉の解説

そばそば・し【××稜し】

[形シク]
かどばっている。
「優婆塞(うばそく)がおこなふ山の椎(しひ)がもとあな―・しとこにしあらねば」〈延宝版宇津保・菊の宴〉
親しめない。よそよそしい。
「常はすこし―・しく心づきなき人の」〈帚木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そばそばし【稜稜し】

( 形シク )
かどばっている。 「優婆塞が行ふ山の椎が本あな-・し床とこにしあらねば/宇津保 菊の宴
態度がよそよそしい。親しみがない。 「弘徽殿女御、又この宮とも御なか-・しき故/源氏 桐壺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

稜稜しの関連キーワード弘徽殿女御

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android