コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帚木 ははきぎ

大辞林 第三版の解説

ははきぎ【帚木】

ホウキグサの別名。 [季] 夏。
信濃国の薗原にあって、遠くから見ればほうきを立てたように見え、近寄ると見えなくなるという伝説の木。情があるように見えて実のない人、また会えそうで会えないことなどにたとえる。 「 -の心を知らで園原の道にあやなくまどひぬるかな/源氏 帚木
(はじめの二音が同音であるところから)母にかけていう。 「大后の宮…日の本には、-と立ち栄えおはしましてより/栄花 駒競べの行幸
源氏物語の巻名。第二帖。

はわきぎ【帚木】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

帚木 (ホウキギ・ハハキギ;ハワキギ)

学名:Kochia scoparia
植物。アカザ科の一年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

帚木の関連キーワード頸細し・頚細しうちささめくはかなくなる目も及ばずホウキグサ木の道の工好きがまし隠ろへ事思ひ萎る走り書く立ち離る方違へ所聞き止す好き撓む忍び忍び思ひ寄す小さやか思ひ腐す胸塞がる言ひ通る

帚木の関連情報