コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲扱き イナコキ

4件 の用語解説(稲扱きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いな‐こき【稲扱き】

いねこき」に同じ。

いね‐こき【稲扱き】

刈り取った稲の穂から籾(もみ)をこいて落とすこと。また、その道具。脱穀。いなこき。 秋》「―の古き機械を野にさらす/誓子

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の稲扱きの言及

【千歯扱き】より

…長さ50cm程度の横木に,長さ15~20cmの細い帯板(歯)を並べて取り付け,それに穀粒をひっかけて脱穀する用具(イラスト)。作物により帯板どうしの間隔が異なるため,稲扱き,麦扱きと呼びわけることがあるが,イネ用が中心であったため,稲扱きのみを示す場合が多い。ほかにダイズ用などもあった。…

※「稲扱き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone