コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲扱き イナコキ

デジタル大辞泉の解説

いな‐こき【稲扱き】

いねこき」に同じ。

いね‐こき【稲扱き】

刈り取った稲の穂から籾(もみ)をこいて落とすこと。また、その道具。脱穀いなこき。 秋》「―の古き機械を野にさらす/誓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いなこき【稲扱き】

いねこき【稲扱き】

稲の籾もみを稲穂からこき落とすこと。また、その器具。いなこき。脱穀。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の稲扱きの言及

【千歯扱き】より

…長さ50cm程度の横木に,長さ15~20cmの細い帯板(歯)を並べて取り付け,それに穀粒をひっかけて脱穀する用具(イラスト)。作物により帯板どうしの間隔が異なるため,稲扱き,麦扱きと呼びわけることがあるが,イネ用が中心であったため,稲扱きのみを示す場合が多い。ほかにダイズ用などもあった。…

※「稲扱き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

稲扱きの関連キーワード千歯扱き扱き箸器具稲穂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android