稼は老農に如かず圃は老圃に如かず(読み)かはろうのうにしかずほはろうほにしかず

精選版 日本国語大辞典の解説

か【稼】 は 老農(ろうのう)に如(し)かず圃(ほ)は老圃(ろうほ)に如(し)かず

(「稼」は穀物、「圃」は蔬菜を植えることで、ともに農事をさす。「論語‐子路」の「樊遅請稼。子曰、吾不老農。請圃。曰、吾不老圃」による) 百姓仕事なら年とった農夫に聞けば、いちばんよくわかる。直接たずさわっている者が、そのことについては最もよく知っていることのたとえ。は餠屋。〔譬喩尽(1786)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android