蔬菜(読み)そさい

精選版 日本国語大辞典「蔬菜」の解説

そ‐さい【蔬菜】

〘名〙 あおもの。野菜
※菅家後集(903頃)叙意一百韻「野豎供蔬菜、廝児作薄饘
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「各々城内に蔬菜を販ぎて其帰りに些かの貨物を購求したりと見え」 〔宋史‐天文志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の蔬菜の言及

【野菜】より

…食用のために栽培する草本。蔬菜(そさい)ともいい,俗に青物とも呼ぶ。現在の用語法ではこのようになっているが,本来の語義からするとこれは誤用であり,また,野菜と蔬菜も同義ではなかった。…

※「蔬菜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android