コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穀草式農法 こくそうしきのうほうFeldgraswirtschaft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穀草式農法
こくそうしきのうほう
Feldgraswirtschaft

中世ヨーロッパにおける農地利用の一方式。1年もしくは数年間の穀作と,かなり長期にわたる牧草地化とを繰返すもの。地域によってさまざまな形をとり,なかには二圃制ないし三圃制農法に近いものもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

穀草式農法の関連キーワードドイツ史

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android