穴燕(読み)アナツバメ

デジタル大辞泉の解説

あな‐つばめ【穴×燕】

アマツバメ科アナツバメ属の鳥の総称。全長9~17センチ。主に南アジアに分布し、洞窟(どうくつ)内の壁に唾液(だえき)などを固めて巣を作る。巣は燕窩(えんか)とよばれ、中国料理の高級材料として珍重される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あなつばめ【穴燕】

アマツバメ目のアナツバメ類の鳥の総称。全長9~13センチメートル。形はツバメに似る。洞穴内に集団営巣する種が多い。ショクヨウアナツバメが唾液で植物片や羽毛を固めて作った巣は「燕窩えんか・イエンウオー」と呼ばれ、中国料理で珍重される。東南アジアからオーストラリア北部にかけて分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android