空白地帯(読み)クウハクチタイ

デジタル大辞泉の解説

あるものが存在しない地帯。広く普及しているものが、そこだけ欠けている地帯。「鉄道の空白地帯」「権力の空白地帯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空白地帯の関連情報