空走感(読み)クウソウカン

デジタル大辞泉の解説

くうそう‐かん【空走感】

自動車のブレーキペダルを踏んだときに、一瞬ブレーキが利かずに走行する感じ。
[補説]平成21年(2009)末、トヨタ製ハイブリッドカー新型プリウスに発生したブレーキの不具合を表す語。濡れたり凍ったりして滑りやすくなった路面を低速走行中にブレーキを踏むと、ABS(アンチロックブレーキシステム)が作動することで空走感が出るとトヨタ側は説明した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android