立ち離る(読み)タチハナル

デジタル大辞泉「立ち離る」の解説

たち‐はな・る【立ち離る】

[動ラ下二]隔たる。遠ざかる。
「—・れて、さるべきことをも言ひやり」〈帚木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android