竹中吉三郎(読み)たけなか きちさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹中吉三郎 たけなか-きちさぶろう

?-? 江戸時代前期の歌舞伎役者。
戎屋(えびすや)吉郎兵衛の子。幼時から父について舞をならい,延宝-貞享(じょうきょう)(1673-88)のころ京都の若女方で名をあげ,藤田吉三郎とともに名花と称された。音曲も得意とした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android