音曲(読み)オンギョク

デジタル大辞泉の解説

おん‐ぎょく【音曲】

邦楽で、特に大衆的、軽音楽的なもの。ふつう三味線などに合わせてうたう俗曲をいう。
邦楽で、楽器で演奏するものや人が歌うものの総称。音楽。「歌舞音曲
能楽などで、舞・働きなどの視覚的要素に対して・囃子(はやし)などの音楽的要素のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

音曲【おんぎょく】

広義には音楽を意味する。しかし,時代や場合によってその用法は異なる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんぎょく【音曲】

日本音楽の用語。(1)最も広義には音楽の別称として用いられる。江戸時代の中期以降の音楽関係の書名に《音曲口伝書》など〈音曲……〉と使われている。(2)広く芸能をさす。貴人の不幸などに際し一般人にもすべての鳴物の停止を命じて静粛に弔意を表しめる制令の〈歌舞音曲停止(ちようじ)〉という場合には,音楽を伴う芸能の意。(3)俗曲と同じく卑俗な音楽の意。寛政(1789‐1801)末ごろ,初代船遊亭扇橋のはじめた音曲噺(おんぎよくばなし)は,落語の間に下座(げざ)の三味線に合わせて歌をうたったもの。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おんぎょく【音曲】

近世以降の邦楽。特に、俗曲。
音楽。 「歌舞-の類厳禁」
能楽などの総合芸能で、聴覚的要素を視覚的要素と区別する場合の呼称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おん‐ぎょく【音曲】

〘名〙
① 楽器で演奏するものや人が歌うものの総称。現在では、多く、三味線に合わせてうたう俗曲をいう。
※名語記(1275)五「音曲にて、うたふをもうたとなづく」
申楽談儀(1430)音曲の心根「人の前にて、道の者参会して音曲する、大事也」
② 能楽で、舞、働きなど視覚的要素の所作に対し、音楽的要素をいう。
風姿花伝(1400‐02頃)一「能、物くさく成りたちぬれば、やがて能はとまる也。ただ、音曲・はたらき・舞などならでは、せさすべからず」
③ のどの調節、または声の変化(日葡辞書(1603‐04))。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の音曲の言及

【俗曲】より

…明治初年の新造語で,雅楽に対して民謡,端唄,長唄,義太夫などの三味線音楽や,流行歌(はやりうた),箏曲など庶民の音楽を指した。明治中期以降は,寄席で演じる音曲の代名詞となった。代表曲は《深川》《奴さん》《大津絵》《かっぽれ》など。…

※「音曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音曲の関連情報