コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹叩き ササバタキ

デジタル大辞泉の解説

ささ‐ばたき【××叩き】

巫女(みこ)が口寄せをするとき、両手に持った笹の葉で自分の頭をたたきながら催眠状態に入ること。また、その祈祷(きとう)やその巫女。
ですす払いをすること。また、その笹。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ささばたき【笹叩き】

〔「ささっぱたき」とも〕
笹で煤すす払いをすること。
湯立ゆだて 」に同じ。 「お禰宜ねぎどのの占うらねえも、市女いちつこの-もいらねえ/滑稽本・浮世風呂

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

笹叩きの関連キーワード浮世風呂口寄せ巫女祈祷

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android