コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

策伝 さくでん

3件 の用語解説(策伝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

策伝

没年:寛永19.1.8(1642.2.7)
生年:天文23(1554)
室町末から江戸初期にかけての浄土宗の僧で,落語家の元祖とされる。諱は日快。飛騨国(岐阜県)高山城主金森長近の弟。幼少に美濃の浄音寺で出家,京都禅林寺(永観堂)で浄土宗の宗義を学ぶ。山陽地方を遊化し,備前国大雲寺,備中国誓願寺,備後国全政寺などを創建する。いったん美濃浄音寺に帰ったが,慶長18(1613)年に京都誓願寺に入って55世となる。誓願寺塔中竹林寺に住み,そこに草庵を構え安楽庵と号し,茶道をたしなみ狂歌を作り,笑いを取り入れた説教を行った。後水尾天皇に召されて清涼殿で曼陀羅を講釈し,聴衆を感動させたといわれる。また文人,茶人として知られ,豊臣秀吉や当代の文人たちと交遊した。『策伝和尚送答控』は,そのときの交遊録である。京都所司代板倉重宗の求めに応じて『醒睡笑』(8巻)を著し,寛永5(1628)年に重宗に献呈した。この本は,1030余りという膨大な数の笑話を収めており,他に類例はなく,後世の落語,小咄に大きな影響を与えた。これによって策伝は,落語家の元祖と呼ばれることになった。その自序には,「こしかたしるせし筆の跡をみれば,をのずから睡を醒ましてわらふ。さるままにや醒睡笑と名付」と書名の由来が記されている。同7年には『百椿集』を著す。<参考文献>関山和夫『安楽庵策伝』,鈴木棠三『安楽庵策伝ノート

(林淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さくでん【策伝】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の策伝の言及

【安楽庵策伝】より

…30年《百椿集(ひやくちんしゆう)》を著作。安楽庵における交友録として《策伝和尚送答控》が残されている。安楽庵策伝は文人,茶人としても知られているが,本業はあくまでも説教僧(弁舌家)であり,滑稽な落し噺を説教の高座で多数実演し,その話材を《醒睡笑》に集録して後世に残したため,落語の元祖という名声が最も高い。…

※「策伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

策伝の関連キーワード西山鑑智国師南蛮鉄天川ていと奈良絵南蛮宗伯庵檀林日本五大昔話澄円

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

策伝の関連情報