算盤尽く(読み)ソロバンズク

デジタル大辞泉の解説

そろばん‐ずく〔‐づく〕【算盤尽く】

何をするのにもまず損得を考え、損をしないようにすること。勘定高いこと。「算盤尽くでしか動かない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そろばんずく【算盤尽く】

何でも損得を計算して、損にならないようにすること。勘定高いこと。勘定ずく。損得ずく。 「 -ではできない仕事だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android