コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篦を使う ヘラヲツカウ

デジタル大辞泉の解説

篦(へら)を使(つか)・う

は塗るのにもはがすのにも使用するところから》どちらつかずのあいまいな言い逃れをする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へらをつかう【篦を使う】

〔篦は塗るのにもはがすのにも用いられることから〕
その場かぎりの口実をつくってごまかすこと。言いのがれる。 「今日は腹が痛いの、いや、明日は精進ぢやのと、ようも-・うたな/歌舞伎・幼稚子敵討」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

篦を使うの関連キーワード篦・箆組紐

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android