コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都合 ツゴウ

デジタル大辞泉の解説

つ‐ごう〔‐ガフ〕【都合】

[名](スル)
何かをするときにほかの物事に影響を及ぼす事情。わけ。「一身上の都合により退職いたします」
ぐあいがよいか悪いかということ。「今日はちょっと都合が悪い」
やりくりをすること。繰りあわせること。
㋐予定を調整すること。「なんとか都合をつけて出席しましょう」
㋑金銭を融通すること。「期日までに資金を都合する」
(副詞的に用いて)すべて合わせて。合計。「都合5人が参加する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つごう【都合】

[0] ( 名 ) スル
〔「都」はすべて、の意〕
物事をするに当たっての事情。具合。 「明日は-が悪い」 「 -よくバスが来る」
物事をすることのできない事情。さしさわり。さしつかえ。 「 -があって行けない」
やりくりすること。工面すること。 「旅費を-する」 「 -をつけて出席する」 〔「都合により」などの形で、文書などにおいて、理由を具体的に記さずに通知する場合に用いられる。「-により本日は休業いたします」〕
[1] ( 副 )
すべてを合わせた数量を指すさま。合計。総計。全部で。 「 -百人になる」 「 -いくらでしょう」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

都合の関連キーワード万障繰り合わせる差し繰り・差繰り振り合い・振合いテキストレジーオポチュニスト勝手な熱を吹く好い目が出る願っても無い抜打ち解散希望的観測其の日稼ぎ間がいい首尾よく自己都合取り止めうまい話首尾良く虫がいい渡りに船手前定規

都合の関連情報