都合(読み)ツゴウ

デジタル大辞泉の解説

つ‐ごう〔‐ガフ〕【都合】

[名](スル)
何かをするときにほかの物事に影響を及ぼす事情。わけ。「一身上の都合により退職いたします」
ぐあいがよいか悪いかということ。「今日はちょっと都合が悪い」
やりくりをすること。繰りあわせること。
㋐予定を調整すること。「なんとか都合をつけて出席しましょう」
㋑金銭を融通すること。「期日までに資金を都合する」
(副詞的に用いて)すべて合わせて。合計。「都合5人が参加する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つごう【都合】

[0] ( 名 ) スル
〔「都」はすべて、の意〕
物事をするに当たっての事情。具合。 「明日は-が悪い」 「 -よくバスが来る」
物事をすることのできない事情。さしさわり。さしつかえ。 「 -があって行けない」
やりくりすること。工面すること。 「旅費を-する」 「 -をつけて出席する」 〔「都合により」などの形で、文書などにおいて、理由を具体的に記さずに通知する場合に用いられる。「-により本日は休業いたします」〕
[1] ( 副 )
すべてを合わせた数量を指すさま。合計。総計。全部で。 「 -百人になる」 「 -いくらでしょう」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都合の関連情報