コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篦撓め形(読み)ノタメガタ

デジタル大辞泉の解説

のため‐がた【××撓め形】

《「のため」が斜めに溝を彫ったものであるところから》
ななめ。すじかい。
「河中より―におしなされて」〈平家・九〉
こじれていること。ひねくれていること。
「官にありて何事も―に有うかと思へば」〈山谷詩抄・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例