コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簸る ヒル

デジタル大辞泉の解説

ひる【×簸る】

[動ハ上一]箕(み)で穀物をあおって、くずを除き去る。
「糠(ぬか)のみ多く候へば、それをさせんとて」〈著聞集・一六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひる【簸る】

( 動上一 ) [文] ハ上一 
〔「嚔る」と同源。上代は上二段活用〕
で穀物をふるって、風でくずを取り去る。 「木にて唐箕とうみをこしらへ五穀をるに至極弁要なる器械なりしが/新聞雑誌 48

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

簸るの関連キーワード上二段活用箕作