コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一六 イチロク

デジタル大辞泉の解説

いち‐ろく【一六】

ばくち・双六(すごろく)で二つの賽(さい)を振って、その目に一と六とが同時に出ること。
毎月の一と六のつく日。江戸時代以後、休日・稽古(けいこ)日・縁日などにあてられた。一六日(いちろくび)。
一六勝負」の略。
一六銀行」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちろく【一六】

双六すごろくや博打ばくちで、二個の賽さいを振って、その目に一と六が出ること。
「一六勝負いちろくしようぶ」の略。
毎月一と六のつく日の総称。江戸時代以後、休日や茶の湯・生け花の稽古日などにあてられた。一六日いちろくび。 「師匠は日曜日に休まずに-に休むので/雁 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一六の関連キーワードうどん茶屋 北斗ビオラダモーレシェークスピアビオラダガンバボヘミアガラスカンツォネッタ久志本 梅荘セルバンテスベネチア楽派天下分目の戦宇野 四郎渡辺 沙鷗巌谷立太郎コルネットクーラントコンソート日下部鳴鶴反宗教改革六一銀行巌谷一六

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一六の関連情報