コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一六 イチロク

デジタル大辞泉の解説

いち‐ろく【一六】

ばくち・双六(すごろく)で二つの賽(さい)を振って、その目に一と六とが同時に出ること。
毎月の一と六のつく日。江戸時代以後、休日・稽古(けいこ)日・縁日などにあてられた。一六日(いちろくび)。
一六勝負」の略。
一六銀行」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちろく【一六】

双六すごろくや博打ばくちで、二個の賽さいを振って、その目に一と六が出ること。
「一六勝負いちろくしようぶ」の略。
毎月一と六のつく日の総称。江戸時代以後、休日や茶の湯・生け花の稽古日などにあてられた。一六日いちろくび。 「師匠は日曜日に休まずに-に休むので/雁 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一六の関連キーワードうどん茶屋 北斗ビオラダガンバビオラダモーレボヘミアガラスシェークスピアカンツォネッタ久志本 梅荘ベネチア楽派セルバンテス天下分目の戦コルネット巌谷立太郎コンソート日下部鳴鶴渡辺 沙鷗宇野 四郎反宗教改革クーラント庶民銀行ガレオン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一六の関連情報