コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米飯給食 ベイハンキュウショク

デジタル大辞泉の解説

べいはん‐きゅうしょく〔‐キフシヨク〕【米飯給食】

学校給食で、米飯を主食とすること。また、その食事。
[補説]昭和51年(1976)、それまで主食とされていたパンに代わり、米飯の提供が正式に導入された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の米飯給食の言及

【学校給食】より

ガリオア・エロア資金)やMSA協定の小麦(アメリカ余剰農産物)で賄われ,パン給食が普及した。1976年からは古米の処理もあって米飯給食が導入された。さらに,1960年代から実現された共同調理場(センター)方式は,学校給食を飛躍的に普及させたが(現在50%以上がセンター方式),それは子どもの味覚や嗜好を,オムレツ,カレーライス,ハンバーグ,スパゲッティ,トースト,サンドイッチなどへ洋風化,画一化させている。…

※「米飯給食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

米飯給食の関連キーワード学校給食の牛乳中止問題ソフトめん

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米飯給食の関連情報