コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粕取り雑誌 カストリザッシ

デジタル大辞泉の解説

かすとり‐ざっし【×粕取り雑誌】

第二次大戦直後、相次いで発刊された扇情的で低俗な雑誌。「かすとり2」が劣悪で、3合も飲めば酔いつぶれるところから、この種の雑誌が3号ぐらいで廃刊することをひやかしての名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かすとりざっし【粕取り雑誌】

低劣な記事を主とした雑誌。粕取りを三合飲めば酔いつぶれることから三号でつぶれる雑誌の意という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報