コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟飯原常基 あいはら つねもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟飯原常基 あいはら-つねもと

?-? 平安時代後期の武人。
下総(しもうさ)の豪族千葉常房の子。はじめ岩部五郎と称し,のち粟飯原氏の祖となる。子の粟飯原有胤は源頼朝につかえた。初名は常益。通称は孫平。姓は「あいばら」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android