コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋黄揚羽 モンキアゲハ

デジタル大辞泉の解説

もんき‐あげは【紋黄揚羽】

アゲハチョウ科のチョウ。(はね)の開張11~14センチ。翅は黒く、後ろ翅に黄白色の紋がある。暖地に多く、幼虫はキハダ・カラスザンショウなどの葉を食べる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紋黄揚羽 (モンキアゲハ)

学名:Papilio helenus
動物。アゲハチョウ科のチョウ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android