紗手媛(読み)さてひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紗手媛 さてひめ

?-? 6世紀前半,安閑(あんかん)天皇の妃。
巨勢男人(こせの-おひと)の娘。安閑天皇元年(534)妹の香香有媛(かかりひめ)とともにとなり,同年小墾田屯倉(おはりだのみやけ)と諸所田部(たべ)(耕作農民)をあたえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android