コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紬糸 ツムギイト

大辞林 第三版の解説

つむぎいと【紬糸】

屑繭くずまゆまたは真綿からつむいだ絹糸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の紬糸の言及

【紬糸紡績】より

…絹の真綿を手で紡いで糸にすることをいう。こうして作った紬糸(つむぎいと)を経(たて)・緯(よこ)に使って,無地,絣(かすり)模様,縞(しま)に織ったのが紬である。茨城県結城(ゆうき)市および栃木県小山市をそれぞれ中心とする地域で生産される結城紬は,経糸に180~210デニール,緯糸に110~120デニールくらいの太さの紬糸を使い,縞または絣模様に織った平織の着尺地である。…

【紬】より

…絹織物の一種で,元来は紬糸を用いた織物のこと。組織は平織とし,色無地や縞,絣物を主とするが,後染用の白生地もある。…

※「紬糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紬糸の関連キーワードいしげ結城紬シャンタン紡績工業紬糸紡績絹糸紡績出殻繭塩沢紬絹織物上田紬紬紡糸大島紬結城紬熨斗糸信州紬苧桶紬織屑繭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android