コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

材料 ザイリョウ

3件 の用語解説(材料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ざい‐りょう〔‐レウ〕【材料】

ものを作るとき、そのもとにするもの。「料理の材料を用意する」「材料費」
研究や調査、または判断などを裏づける証拠とするもの。「結論を出すには材料が不足だ」
芸術的表現の対象になるもの。題材・素材。「説話に材料を求めた作品」
相場を動かすような要因。「材料待ち」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集の解説

材料

相場は様々な要因で動くが、その変動要因のこと。相場が上がる要因は好材料、下がる要因は悪材料外国為替相場の場合、各国の金利、経済指標、株価、紛争、要人発言などが材料となる。ある要因によって相場が変動した場合、その要因を「材料視した」、またはその要因が「材料視された」と言う。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ざいりょう【材料】

ある物を作るとき、もととして用いるもの。資材。 「建築-」 「工作の-」 → 原料
研究・調査などのために取り扱うもの。 「アサガオを研究-とする」
芸術作品などの題材。 「小説の-をさがす」
ある判断などをするためのもととなるもの。 「反論の-」 「格好の攻撃-となる」
取引で、相場を動かす要因。 「好-」 「悪-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

材料の関連キーワード外部環境要因気候変動悪材料好材料為替相場決定理論外部要因強材料(つよざいりょう)弱材料(よわざいりょう)内部要因摩食

材料の関連情報