コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絞り染(め) シボリゾメ

デジタル大辞泉の解説

しぼり‐ぞめ【絞り染(め)】

染料が浸入しないように、布地の所どころを糸で固く縛り、染料の中に浸して白い染め残しをつくる染色法。また、その模様。括(くく)り染め。括し染め。(ゆはた)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

絞り染(め)の関連キーワード東南アジアの工芸鹿の子絞り有松鳴海絞竹田庄九郎京鹿の子絞バンダナタイダイ鹿の子絞絞り放し滋目結い絵羽絞り絞り木綿絞り染め括し小袖石崖絞紅絞り括り物羅氈絞青花紙有松絞

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android