コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絞扼 コウヤク

デジタル大辞泉の解説

こう‐やく〔カウ‐〕【絞×扼】

[名](スル)医学で、しめつけること。組織や血管などが圧迫される状態をいう。「絞扼ヘルニア

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうやく【絞扼】

( 名 ) スル
しめつけること。しめつけられること。主に医学でいう。 「 -感がある」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

絞扼の関連キーワード末梢神経障害(ニューロパチー)口腔のしくみとはたらき内視鏡的粘膜切除術心室中隔欠損(症)三尖弁閉鎖(症)ポリペクトミー職場環境と健康心筋梗塞(症)神経絞扼症候群手や手指の変形鼠径ヘルニア手根管症候群肺動脈絞扼術共通房室弁口回内筋症候群アンギーナ脳ヘルニア不安神経症急性腹症腸重積症

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android