コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絡垜形 たたりがた

大辞林 第三版の解説

たたりがた【絡垜形】

唐鋤からすきの部分名。とりくびと底いさりとの間にあって、両者を縦に貫く棒。耒箭らいせん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

絡垜形の関連キーワード唐鋤