統廃合(読み)トウハイゴウ

デジタル大辞泉の解説

とうはい‐ごう〔‐ハイガフ〕【統廃合】

[名](スル)統合と廃合。組織などを廃止したり合併・統合したりすること。「少子化に伴い、小中学校の統廃合が進む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

統廃合

少子化などに伴い県教委は03~10年度、統合により県立高校を12校減らす計画を立てた。10年度からは、磯原北茨城岩井と岩井西が、11年度からは境と境西、石下上郷などが統合される。茨城大会の参加校数は02、03年の115校がピーク

(2009-07-06 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

とうはいごう【統廃合】

( 名 ) スル
あるものは統合し、あるものは廃止して一つにまとめること。 「官公庁の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

統廃合の関連情報