コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶ゆ タユ

大辞林 第三版の解説

たゆ【絶ゆ】

( 動下二 )
たえる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

絶ゆの関連キーワードおもな枕詞とかかり方則ち・即ち・乃ち跡・迹・痕・址断琴の交わり琴の緒を絶つ夜半の寝覚咲き渡る松が根の行く水の弥日異におぼとる安島帯刀縄海苔の土岐頼貞水無し川打ち絶え吹く風の菅の根の玉の緒の言疾し

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android