コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶える タエル

デジタル大辞泉の解説

た・える【絶える】

[動ア下一][文]た・ゆ[ヤ下二]
続いていたものが途中で切れて続かなくなる。とぎれる。「人通りが―・える」「仕送りが―・える」
切れたあと完全になくなってしまう。なくなる。尽きる。「血筋が―・える」「けんかが―・えない」
呼吸が止まる。死ぬ。「が―・える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たえる【絶える】

( 動下一 ) [文] ヤ下二 た・ゆ
続いていた物事が途中で切れる。とぎれる。 「人通りが-・える」
さらに続くべきものが続かなくなる。つきる。 「家系が-・える」
命がなくなる。死ぬ。 「たまきはる命-・えぬれ/万葉集 904
縁が切れる。交わりがとだえる。 「やがて其のままに、家にも行かずして-・えにけり/今昔 28」 〔「絶つ」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

絶えるの関連キーワード打ち絶える・打絶える霧不断の香を焚く落ち入り・落入り絶え入る・絶入る引き切る・引切る万里の一条鉄息を引き取る万里一条鉄死に果てる項背相望む途絶・杜絶息が絶える脈が上がる打絶える打ち止む事終わる掻き絶ゆ息絶える跡を絶ゆ事切れ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶えるの関連情報