コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

継子扱い(読み)ママコアツカイ

デジタル大辞泉の解説

ままこ‐あつかい〔‐あつかひ〕【継子扱い】

[名](スル)他の者と区別して仲間はずれにすること。「文壇で継子扱いされる作家」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ままこあつかい【継子扱い】

他の者と区別して、ことさらのけ者扱いにすること。 「国際社会で-される」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる