コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文壇 ブンダン

大辞林 第三版の解説

ぶんだん【文壇】

文筆活動をしている人たちの社会。作家・批評家などの集団。文学界。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の文壇の言及

【日本文学】より

…平安朝の宮廷文化と歌人との関係は,密接であり(勅撰集,日常生活の一部と化した歌),鎌倉時代の武士社会と貴族歌人とは鋭く対立する(《新古今集》)。文学者=僧侶知識人の極端な疎外現象は,大禅宗寺院の内部に階級的な文壇を形成するが,江戸時代になると,儒者=漢詩人は武士社会に,歌舞伎作者や通俗小説の作家は町人社会に,組みこまれる。芭蕉は武士社会から脱落して,町人社会にはまだ組みこまれるにいたらず,社会の周辺部に生きた(旅はその象徴的表現である)。…

※「文壇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文壇の関連キーワード年月のあしおと地に頬つけて明治文壇回顧新三文文士街思ひ出す人々一石を投じるフレックスタ宇田川文海招魂祭一景坂本紅蓮洞武野 藤介池谷信三郎ダムサイト馬場孤蝶山本容朗オシアン久保天随田中英光河盛好蔵近松秋江

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文壇の関連情報