文壇(読み)ぶんだん

精選版 日本国語大辞典「文壇」の解説

ぶん‐だん【文壇】

〘名〙 作家・批評家などの社会。文筆家の社会。文学界。
※篁園全集(1844)一・二月十一日蕉園招飲席上分賦十二体得七言古韻「文壇百戦無虚日、硬筆掃紙凜霜鐔」 〔間情偶奇‐詞曲部・結搆〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の文壇の言及

【日本文学】より

…平安朝の宮廷文化と歌人との関係は,密接であり(勅撰集,日常生活の一部と化した歌),鎌倉時代の武士社会と貴族歌人とは鋭く対立する(《新古今集》)。文学者=僧侶知識人の極端な疎外現象は,大禅宗寺院の内部に階級的な文壇を形成するが,江戸時代になると,儒者=漢詩人は武士社会に,歌舞伎作者や通俗小説の作家は町人社会に,組みこまれる。芭蕉は武士社会から脱落して,町人社会にはまだ組みこまれるにいたらず,社会の周辺部に生きた(旅はその象徴的表現である)。…

※「文壇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android