コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総・房 ふさ

大辞林 第三版の解説

ふさ【総・房】

多くの糸をたばね、その先端を散らして垂らしたもの。 「紐ひもの-」
花や実などの、多く集まって、枝から垂れ下がっているもの。 「ブドウの-」
ミカンなどの果実の中身の袋の一つ一つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

総・房の関連キーワード森コンツェルン昭和電工[株]堀田 正倫葛生 東介西河 通徹関 和知昭和電工一つ一つ西河通徹森 矗昶関和知ミカン桜井静森矗昶ブドウ果実中身先端

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android