コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総資産回転率 そうしさんかいてんりつ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

総資産回転率

「総資産回転率」とは、事業年度において会社の資産をどの程度生かせているかを表す財務諸表上の指標のことである。回転率は、財務諸表上の売上高を総資産で割ることで求められ、事業年度内に総資産が何度にわたり、全て使われ売上をもたらしたかを示す。総資産回転率が高いほど会社の資産が効率的に活用されていると判断される。さらに、総資産は「卸だな資産」「固定資産」など、さまざまな資産に細分化されるが、それぞれの資産から出た売上をもとに個別の資産回転率を求め、比較することによって、経営効率をさらに向上するにはどうすればいいか判断することが可能となる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の総資産回転率の言及

【財務分析】より

…こうした過程において,事業そのものと財務が表裏一体の関係となり,その法則性を知ることこそが財務分析の本質なのである。
[主要財務比率]
 (1)売上総資産回転率 売上げと総資産との関係を示す指標。略して総資産回転率ともいう。…

※「総資産回転率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

総資産回転率の関連キーワードROA(総資産利益率)株主資本利益率 ROE総資産利益率 ROAROE(資本利益率)総資本回転率資本回転率ROA

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総資産回転率の関連情報